クレイを、
どんどん使いこなしていくための、
レッスンができました。

 

クレイの湿布やパックは、とっても優秀!


ひっかき傷(左)にホワイトカオリンパック1回後の様子(3枚目)

 
こちらは、わんこに噛まれた傷(左)に
グリーンイライトのパック(2回)後の様子(3枚目)

これ以外にも、
筋肉痛や打撲など、

写真だけでは違いがみえないような
カラダの中の炎症や痛みにも、
クレイは、すっごく役に立ちます!

 

とはいえ、
クレイのつかい方は、それだけじゃありません。

たとえば、
パウダーのままつかう方がいいときもあれば

お水と混ぜた、
クレイウォーターが便利なケースもある


更には、クレイジェルや
クレイオイル、クレイクリームなど

同じクレイをつかったケアでも
全く違ったテクスチャーにすることだって、できるのです。

そうやって、クレイの使いみちを
どんどん広げていくと
クレイがもっと身近になっていきます。


クレイの大きな魅力は、
カラダの中のいらないものを吸い出してくれること。

つまり、デトックス

そのデトックスも
何気ない生活のなかで、

ちょっとずつ進むなら、より理想的ですよね。

そのためには、
クレイ使いのバリエーションが豊富な方がいいのです。

 

たとえば・・・


目の疲れにアイパック


こちらは、お腹がチクチクするという訴えで、クレイジェルで湿布中


放射能や農薬対策に、クレイウォーター etc

ご紹介したものは、ごくごく一部

このほかにも、クレイには、
驚くほど、たくさんの使いみちがあります。

 

また、実際のホームケアでは

「どのクレイをつかったらいい?」
「どうやって、つかうといい?」
「1回でいいのかな? 何回か必要?」と、

悩んでしまうことも、あるもの。

 

そこで

傷、ケガ、打撲、日焼け、火傷、
湿疹、腰痛、肩こり、目の疲れ、風邪 etc・・・

日常で、よくありそうなトラブルに
どんなクレイを、どんなカタチで使うといい?

クレイケアの一歩が、よりスムーズになる、
具体的なお話も、セット。

もちろん
ご受講後も、ワカラナイことが出てきたら
いつでも、ご質問いただけます。

 

 

こんなとき、どうする? どうつかう?
6種のクレイ、使いこなしレッスン

<カリキュラム>

・クレイのカタチ(使い方)について
・クレイのカタチと作用の強さ

・クレイパウダー
・クレイウォーター
・クレイバス(全身浴)
・クレイフットバス・ハンドバス(部分浴)
・クレイジェル
・クレイオイル
・クレイクリーム
・クレイペーストについて
・クレイパック
・クレイ湿布
・ケース別クレイのお手当

クレイのつかい方、勢ぞろいです!

※こちらは実践講座です。
クレイについての基礎的な知識に関しては
クレイ基礎講座★でお伝えしています。

 

<実習:7種類のアイテムを体験>

<クレイパウダー>

<クレイウォーター>

<クレイジェル(パック体験)>

<クレイジェルローション(お化粧水)>

<クレイオイル>

<クレイクリーム>

※クレイクリームは火をつかうため、
 講座内でつくり方を動画でご紹介し、
 講座後に各自、作っていただく予定です。

<クレイパックからのハンドバス>

<クレイ歯磨き粉>

 

<お届け教材>

実習に必要な材料を、まとめてお届けします。

(内訳)

・クレイ
ホワイトカオリン(60g)
ピンククレイ、レッドイライト、イエローイライト、
グリーンイライト、グリーンモンモリオナイト(各30g)

・ジェル基材(2包)
・スクワラン(20ミリ)
・ムルムルバター(20g)
・植物性グリセリン(20ミリ)

・クレイパウダー用容器
・ガラス容器 3個

・ガーゼ 2枚
・コットン 6枚
・スパチュラ 1本
・ミニ泡だて器 1本

※ボトルや容器のデザイン・色などは
入荷状況により、変わりますのでご了承ください


 

クレイをつかってみたい!
もっともっと活用したい!
もっと気軽に取り入れたい!

そう思ったら、ぜひご参加くださいね!

自分にあった方法で
クレイを、どんどん使いこなしていきましょう!

 

これまでにご受講された方のご感想も載せてみます。

 


6種のクレイ、つかいこなしレッスン

<日程と受講時間>

6時間(3時間×2回を予定)

※お申込み時に、ご希望の日時(初回)をお知らせください。
※2日間が難しい場合には、1日(6時間)でお届けすることも可能です。ご相談ください。

 

<ご受講方法>
ZOOMを使ったマンツーマンレッスン

※ZOOMは、パソコン、スマホ、iPadなど
インターネットをご覧いただける環境があれば、どなたでも簡単にご利用いただけます

 

<受講料>
28,000円(教材、送料込)

お申込みはこちら

 

その他、
講座についてのご質問、お問い合わせは、
こちらのフォームより、お気軽にお寄せくださいね。

>>お問い合わせフォーム

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。